読書レビュー

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか


世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか
ピョートル・フェリークス・グジバチ著

 

完全に積ん読

になっていたのを、ようやく読めたので
メモ、忘備録も兼ねてレビューしてみます

見出しタイトルは全て引用します。

 

どなたかのお役に、参考になれば嬉しいです!

今この瞬間に集中する
余計なことに頭のリソースを使わない
〜引用 世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか

これは、

最近自分でもテーマにしていることの一つだったのですが、、、

きっと優秀な人の基本なんだろうなぁ。。。

今は、PC、スマホがあって

リアルタイムに連絡を取れたり情報を得ることができる分

つい

あ、メールだ! LINEだ!

と、意識を奪われたり

 

ついつい、

facebooktwitterを

見ちゃいませんか???

僕は、完全に気が散ってしまいやすいタイプなので

どうにかしなきゃいけない!

 

と意識的にしててですね。。。

(ポモドーロテクニックを最近試してみています。)

ピョートル氏

本人は当たり前のこととしてやっていることなのでしょうが、

丁寧に書いてくれていましたね

 

人間の集中力は限りがあると思うんですが、

逆の言い方をすれば

誰でも短い時間なら集中できると思うんですよね

作詞、作曲などのクリエイティブの時は特にそうなのですが
一度手をつけて集中できれば早い

んですよね

どんな仕事、作業でもそうかもしれませんけど

 

なので

集中力と時間の使い方に自分の意識を向けるのは
正しいことなんだろう

より確信が持てたので

それだけでも読んでよかったですね僕個人的には

そもそも、完全に別業界の方の本というのは

本当に得るものが大きいです

持ち帰って検討の無駄
〜引用 世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか

これは

会社員の方とやりとりしていると

うーーーーーーーーーーーーっ

となる瞬間を

フリーランスの99%が1度は必ず(しょっちゅう?)経験することですね笑

「週明け会議で検討して折り返しますね!」

いや、、

わかるんです、、、わかるんですけど

そこ、いくらでも早く結論出す方法ありますよね!

と笑

 

ただでさえ
スピード感が重要、求められる、時代になったので

フットワーク、決断が早い会社が
以前よりは増えたとは思いますけどね

 

僕も

常日頃から意識的に

 

決断を後ろにしていいことなど何もない

 

なに一つない!
 

と言い聞かせてます

、、、言い聞かせないと、後ろにしちゃうからですけどね。。

本書にも、

そこにいかに無駄があるかが丁寧に書かれていました

その他 本書内容の覚書

 

・ルールを破らないと10倍は達成できない

・自分がありたい姿になりきって行動する方が達成も早い

・5/5/5ルール
五週間 5ヶ月 5年後に何が起こるか考える

・常識を破る

・アインシュタイン「愚か者は同じことを繰り返し、異なった結果を期待する」

・勝つか、学ぶか

・変わらない=ずっと同じ
変わらない=停滞、であり、
さらに言うと、変わらない、緩やかな死

引用-世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか

 

どれも、基本的なスタンスは、

優秀な人、いわゆる成功している部類に入る人の

ほぼ全ての人に言えることが書かれている気がします

 

これはネガティブな意味ではなくて

これが基本の“き” ということ

であり、

だからこそ重要なことなのだと思います

 

一番好きな言葉

 

勝つか、学ぶか

引用-世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか

でした

成功か失敗か

ではなくて

チャレンジしたことで、動いたことによって得られるものは

勝つか、学び

いずれにしろ得られるものだと僕も思います。

素敵な言葉です!!!

 

引続きチャレンジして行きたいものです!

ピョートル・フェリークス・グジバチ SBクリエイティブ 2017年01月30日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

ここまで読んでくれてありがとうございます!!

よかったらフォローしてくださいね

10年後の仕事図鑑 堀江貴文×落合陽一
イメージより10倍優しい2人 | 10年後の仕事図鑑 | 堀江貴文×落合陽一 お金を貯めずに信用を貯めよ /10年後の仕事図鑑|レビュー・感想 堀江貴文×落合陽一 という面白いに決まってる2人のリレー...