実際使ったおすすめモノ

新世界/西野亮廣 レビュー 真っ当なことしか書いていない

新世界/西野亮廣 著 レビュー

これ、フラットにちゃんと読めば
ほとんどの人が西野さん好きになると思うんですよね

どうでしょう??

“ボクの体験談しか語りません。”
新世界/西野亮廣 著 より引用

説得力しかない内容です。

そもそも、
西野さんのことは好きでしたけど
知れば知るほど好きなるなぁ。。。

著作を

ポジでもネガでもなくフラットに読めば

読むほど、ほとんどの人が好きなるんじゃないかなぁ。。。
ちゃんと読めばですけど。

基本的に叩いている人のほとんどは

“なんか偉そうで嫌い”

“なんかみんな叩いてるから嫌い”

“なんかひな壇出ないとかいきがってるから嫌い”

という不確か極まりない

 

なんとなく叩いておく方が良さそう

という、ちょっぴり、、、、

いや、かなり貧しい思考

判断してるような気がしてしまいますね。。。

 

あ、判断してないのかも知れない・・・

 

この新世界もそうだけど

書いてある内容は、
フラットに読んでいくと

言葉を選ばずにいうと、、、

基本的には真っ当なことしか書いていない

と思うんですよね。

この真っ当なことを

口で言うのは簡単なことを

実践して
実行して

結果を出しているところが

とてつもなく凄いと思います。

どうして、自分の人生を、自分の思うように生きることが許してもらえないんだろう?
どうして、挑戦すると、めいっぱいバカにされて、めいっぱい殴られるんだろう?
どうして、挑戦を止められてしまうんだろう?
〜引用 新世界

 

カフェで読んでたのですが
ちょっと泣いちゃったな
悔しい。。。笑

 

傷ついたんだろうなぁ本当に
傷つきすぎたんだろうなきっと

優しいぜ。言葉が優しいぜ。

そして

19歳のボクは、
吉本興業の養成所で出会った梶原雄太君と
『キングコング』という漫才コンビを結成し、
すべての時間を「お笑い」に費やした。
先輩の誘いも断って、血が出るほど漫才のネタを書き続けた。

「質」はさておき、誰よりも「量」を書いた。 〜引用 新世界/西野亮廣

成功を納めている人のほとんどが
同じことを書いている気がしますね

『才能』なんて努力と環境でいくらでも作り出せる。〜引用 新世界/西野亮廣

批判するのは自由だし

人を嫌うのも好きになるのも自由だけど

西野さんの

行動や言動、

その内容を知った上で、

フラットに事実を知った上で

批判する方は

なかなか素晴らしすぎる人生なのかしら、、、すげぇなぁと思っちゃうけど

どうでしょうね?

クラウドファンディングの炎上について〜引用

この章の部分は
本文をこれ以上補足しようがないくらい
わかりやすく書いてくれているので
本文をぜひ読んでも欲しいです。

条件反射で

けしからん!!!!

と言う大人がなんと多いことか。。

自分も気をつけないといけないなぁと省みます、

改めて。

「認知」と「人気」は別物なんだ。

これは、
一般的に知られていない人気ミュージシャンが
わかりやすい例かも知れませんね

曲がりなりにもミュージシャンやってるので笑

認知と人気の違い

日本人であればほとんどの人が知っている
某有名女性テレビタレントさんが

音楽を本気でやります!

と意気込んで
お金もスタッフも最高のものを使って
(イメージできるタレントさんが嫌いではないです。
むしろ好きですけど)

ツアーファイナルが
赤坂BLITZ(キャパ1,418人)

しかも、入りは7割ほど。(もちろんそれも凄いですけどね)

一方

ほとんどの人が名前も聞いたことがないバンドが

武道館2Daysを満員でやっていたりする

のと同じベクトルな気がします

もちろん、

タレントさんが認知度が高い方

一般的には認知度は低くても
武道館を満員にできるバンドが

人気タレント(西野さんの言葉を借りれば)

となるわけです。

一部を切り取ったもので認識する怖さ

応援しています。

いつかキミが震えるほどの感動に出会えますように。

どうですかね?

もし、この本を読んだことがなく

かつ、西野さんにあまりいい印象がない方

ここだけ見たら、

あんまり好きになれないのではないでしょうかね?

こんなセリフ
ここだけ切り取ったら

寒いなこいつ

って思うかも知れないですね、、、

ただ、少なくとも僕が思います。

西野さんが好きでも嫌いでも

条件反射で判断しないで
無料でも、有料でもこの本を
フラットに読めば、

よほど人生がうまくいっていない限り
響くんじゃないかと。

貯信時代
/|触れる価値大きい概念だと思います

この本自体、

今でも売れ続けているのに

今でもこちらで全文無料公開している

のですぐ読む事も出来ます。

もちろん書店でも買えますが、

西野さんが書いている

貯信時代を支持するとすると

無料で読むことに罪悪感を持つ必要はないと思います

この本をフラットに読めば
大体の人は西野さんを好きになってしまうんじゃないかな

西野さんへの信頼をだいぶ貯めてしまうことでしょうから。

 

以上です!

ここまで読んでくれてありがとうございます!

西野 亮廣 KADOKAWA 2018年11月16日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

文字にすると
自分に書き込むようで整理されていいなぁ。。。。

よかったらフォローしてくださいね!